画像解析とは

画像解析とは、カメラなどのセンサーで画像を取り込み、コンピューターがさまざまな判断を下す仕組みのことです。具体的には、画像中の対象物の「色」「形」「長さ」「面積」などの異なる種類の情報を計測し、情報を抽出したり、データを生成したりすることができます。
イメージとしては、人が脳内で行っている視覚情報の認識をコンピューターが判断する技術です。最近では、画像だけでなく、動画を解析する技術も開発されています。
画像解析を理解するためには、人間が物体を認識する場合を想像するとわかりやすいでしょう。人間はグラスを見ると、大きさ、色、形などの特徴を認識し、目の前にある物体をグラスだと判断します。この区別の理由は、蓄積された知識と記憶に基づいて、私たちがグラスの次のような特徴を認識しているからです。また、コンピュータに搭載された認識技術で画像の内容を把握し、情報を抽出してデータ化することも可能です。
ほぼ円柱に近い形
色は透明
高さは5~25㎝くらい、幅(直径)は5㎝~10㎝くらい
中空だが上面は開いていて下面は閉じている
画像解析とは、人間の脳の中で行われている、画像を通して対象物の特徴を捉え、識別する作業です。画像解析は、このような人間が自然に行っている情報処理をコンピュータで行うものです。画像や映像に写っている物体の特徴を認識し、「その物体が何であるか」「どのような物体であるか」を機械的に判断することです。
まず、コンピュータが画像をデータとして取得し、対象物の特徴を抽出します。そして、「画像中の対象物は何か」を判断し、「画像中の対象物は何か」を判断します。身近なところでは、スマートフォンに搭載されている指紋認証や、デジタルカメラに搭載されている顔認証の技術があります。デジタルカメラには、笑顔検出機能を搭載しているものもあります。同じような技術で進んでいるのが、動画を解析する「ビデオアナリティクス」です。どちらも、コンピュータを使って画像や映像を処理・解析し、有効な情報を抽出することを指す。

画像解析とは
Scroll to top