会計コンサルタントとは何か?具体的な事例を挙げて解説します。

会計コンサルタント?あまり聞きなれない言葉ですね。本当はどうなんでしょうか?
ビジネスを長く続けていると、「コンサルタントとは、時計を外して時間を教えてくれる人だ」という古いジョークを聞いたことがあるかもしれません。(今でいうなら、携帯電話をポケットから取り出すようなものでしょうか。)
確かにインターネットの普及で、誰でも簡単に「コンサルタント」の看板を掲げて、人のお金を取ることができるようになったのは事実です。しかし、今日のビジネス所有者は、これまで以上に精通し、彼らは彼らが提供するものの背後にある本当の価値を見ずに、会計コンサルタントを含むコンサルタントと主張する人だけ雇うつもりはない。
会計コンサルタント 数字以上のものを読み取る
ここで、「時間を知る」という古い例えに戻ってみましょう。もし、あなたの時計が12個の数字と2本の針を持つだけの時計でなかったらどうでしょう。もっと複雑で、何年も持ち歩いているにもかかわらず、時間やその他の有用な情報を提供する道具というよりは、ファッションアクセサリーのような存在だったとしたらどうでしょう。
多くのビジネスオーナーにとって、会計ソフトはまさにそのようなものです。ソフトはある。箱の中にあるすべての数字を見ることができます。いくつかのボタンを押せば、クライアントに請求書を送ったり、キャッシュフロー計算書を作成したりすることもできるかもしれません。しかし、もしあなたが会計の基本を理解していなければ、そのレポートから得られる情報は、会社の将来について財務的な判断を下す際には、あまり役に立ちそうにありません。それは、時間の読み方を知らないのに、時計を読もうとするようなものです。
会計コンサルタントは、基本的な簿記以上のことをするのです。実際、この担当者はおそらく「帳簿をつける」ことはないでしょう。ただし、帳簿が正確であることを確認するために、フルチャージの簿記係と連携して仕事をすることはあるかもしれません。
さて、我が国日本における会計税務のコンサルティング会社に、アカウントエージェント株式会社があります。
アカウントエージェント株式会社公式HP
アカウントエージェント株式会社は、上記の内容に加え、税務コンサルティングも提供しているのがポイントです。
人員は全て公認会計士・税理士から構成されており、信頼性は高いでしょう。

会計コンサルタントとは何か?具体的な事例を挙げて解説します。
Scroll to top