アイシン期間工の特徴は?AWとはどう違う?どういうところがおすすめできるか解説!

2021年4月、アイシン・エィ・ダブリュとアイシン精機は合併し、アイシン株式会社となりました。
両メーカーとも「軽作業・高給」で人気でしたが、この優位性は新体制でも変わりません。
アイシンはトヨタグループの一員で、主に自動車部品を製造しています。
派遣社員はきつい、汚いというイメージがありますが、それは車体の組み立てに限った話です。
部品関係の仕事はそれほど重労働ではないので、短期間で稼ぎたいけど体力に自信がないという方に向いています。
メリットが多いように見えるアイシンですが、デメリットがないわけではありません。
アイシンに関する情報をわかりやすくお伝えしています。
2021年にアイシン・エィ・ダブリュとアイシン精機が合併し、アイシン株式会社が設立されました。
採用活動は旧アイシンAWとアイシン精機から引き継がれましたが、一部異なる点があります。
アイシンは時給が高いので、残業をしなくても日給が1万円を軽く超えます。残業をすれば時給が上がり、さらに稼ぐことができます。
また、アイシンでは生産協力金や契約更新手当、シフト手当など、福利厚生も充実しています。
さらに入社祝い金もあるので、福利厚生は非常に良い部類に入ると思います。
経営統合前のアイシンAWやアイシン精機は、新入社員の正社員登用に積極的でしたので、新生アイシンは新入社員の正社員化への道を開いていると言えるのではないでしょうか。
アイシンの年間休日は、土日、GW、夏季、年末年始を除く5勤2休で121日以上です。
基本的に社員は2交代制だが、2交代制を3セットとすると、年間休日は167日あります。
時給はアイシンが一番優遇されています。
残業が多いので、かなり稼げることは間違いありません。
残業代や深夜手当は1時間あたり+426円(1,846円)、休日出勤は+639円(2,059円)なので、頑張った分は給与に反映されます。
残業や休日出勤は、プライベートの時間を大切にする人には不評ですが、「何よりも稼ぎたい!」と意気込んでいる人にとっては、とてもありがたい制度です。
こんな感じで、アイシンの期間工はかなり良い求人であることが分かります。
アイシンの詳しい内容は下のページでも紹介しているので、ご興味が出てきた方は一度ご覧ください。
アイシン期間工がアツイ

アイシン期間工の特徴は?AWとはどう違う?どういうところがおすすめできるか解説!
Scroll to top